• E-book Publishing
    Pocket


    TAPIRUS航海日誌、地球歴03.02.2017

    タピルス第一弾の電子書籍は、横井福次郎の『かんがえ太郎』となりました。
    元画像は国会図書館のデータを、ありがたく使わせていただいております。

     

    こんな感じの元データを……

     

    ゴミを消してキレイにして、色も変えて……

     

    表紙なんかも勝手に作成し直したりして……(左は没案)

     

    無事完成です!!

     

    さて、今回の『かんがえ太郎』は、ほぼ、主人公の太郎くんの妄想でお話が進みます。
もしも「ナニナニ」だったらどうだろう?……と妄想力をふくらませ、あるときは小人になり、あるときはロボットに、またあるときは百年後の未来に行ったりします。
この辺の変幻自在な発想力が、科学漫画の傑作『ふしぎな國のプッチャー』を生み出した横井福次郎の真骨頂なのだと感じました。ぜひ御覧下さい!

    横井福次郎といえばSF漫画の傑作『ふしぎな國のプッチャー』。
当然、最初に思いついたのはプッチャーの電子書籍化でしたが……「絵物語」という特殊な形式(挿絵のやたらと多い小説のようなもの)は、そのままの形ではどうも電子書籍に向きません。残念ながら今回は見送ることにしました。

     

    横井福次郎(よこい・ふくじろう) 1912年9月25日―1948年12月5日