• E-book Publishing
    Pocket

    本書は、ヨハネス・フェルメールと8人の画家の絵画作品集です。
    オランダ絵画黄金期(17世紀)に活躍した画家のひとり、フェルメール。
    カメラ・オブスクラ(ピンホールカメラのようなもの)を駆使した写実的な空間構成、ポワンティエ(点綴法)という光の粒を描く手法を特徴とする。非常に寡作な画家であり、現存するものは真贋を含めて30数作しかない。パトロンに恵まれ、年間数作という仕事量で成り立っていたものと思われるが、第3次英蘭戦争後の不景気の影響で、晩年は不遇に見舞われた。

    オランダ絵画黄金期を代表する画家フェルメールの作品37点に加え、オランダ黄金時代8人の画家の作品224点、計261点を掲載しております。
    ヨハネス・フェルメールとオランダ黄金時代8人の絵画261点を集めた絵画集をぜひご覧ください。

    CONTENTS
    Chapter01 オランダ絵画黄金期の画家、フェルメール
     絵画1真珠の耳飾りの少女
     絵画2牛乳を注ぐ女
     絵画3眠る女
     絵画4マルタとマリアの家のキリスト 
     絵画5聖プラクセディス
     贋作 フェルメールの贋作画家、ハン・ファン・メーヘレン

    Chapter02 オランダ黄金時代、8人の画家
     その1ピーテル・デ・ホーホ
     その2カスパル・ネッチェル
     その3ハブリエル・メツー
     その4ピーテル・ヤンセンス・エリンガ
     その5フランス・ファン・ミーリス
     その6ヘラルト・テル・ボルフ
     その7ヘラルト・ドウ
     その8ヤン・ステーン