• E-book Publishing
    Pocket

    内容紹介
    今回は、文学好きなら一度はやってみたい「自分セレクト」のアンソロジーを編んでみました。
    読書の「読」と「毒」をかけて「13の毒書」第一弾です。かなり毒のある短篇ばかりですので、どうぞお楽しみください。
    カバーと本扉にルネサンス期の画家バオロ・ヴェロネーゼの描いた「レダと白鳥」、その他、新たに描き起こした挿絵13点を収録しました。(リフロー型レイアウト)

    Contents
    グリム兄弟──柏槙の話
    西尾正────海蛇
    妹尾アキ夫──恋人を食う
    金城朝永───食人鬼ビーン
    大下宇陀児──紅座の庖厨
    村山槐多───魔猿伝
    ゴーティエ──クラリモンド
    小酒井不木──犬神
    桑原隲蔵───支那人の食人肉風習
    葉山嘉樹───死屍を食う男
    中島敦────狐憑
    牧逸馬────肉屋に化けた人鬼
    谷崎潤一郎──天鵞絨の夢