• E-book Publishing
    Pocket

    内容紹介
    本格派推理作家としてしられる楠田匡介の小説23篇を収録した「完全脱獄 楠田匡介ミステリー作品集」の登場です。付録として、ペンネームの由来となったリレー小説『楠田匡介の悪党振り』から2篇、江戸川乱歩追悼文『酒』1篇を収録。
    その他、新たに描き起こした挿絵29点を収録しました。(リフロー型レイアウト)

    Contents
    完全脱獄
    湯紋
    愛と憎しみと
    沼の中の家
    法に勝つ者
    上げ潮
    獄衣の抹殺者
    破獄教科書
    朱色
    破小屋
    不良少女
    脱獄を了えて
    熔岩
    ある脱獄
    脱走者
    逃げられる
    不良娘たち

    模型人形殺人事件
    人肉硝子
    影なき射手
    第三の穴
    楠田匡介の悪党振り(火傷をした楠田匡介・人肉の腸詰の二篇)
    探偵小説作家
    酒(江戸川乱歩追悼文)

    本書は、昭和24発行『模型人形殺人事件』、昭和34発行『脱獄囚』等を底本にし、テキストを新字新仮名遣いに改め、図版等を加えて再編集したものです。
    一部、意図的に旧字のままにしてある箇所があります。
    例)少=尠 ほとんど=殆ど など

    楠田匡介(くすだ・きょうすけ)
    1903年8月23日―1966年9月23日
    明治36年、北海道生まれ。推理または探偵小説家。
    大正13年、樺太恵須取町に渡りパルプ工場に勤務。
    昭和2年、北海道に戻る。
    昭和6年、短編『乳房を食べる』を『グロテスク』に発表。
    昭和13年、能率研究所、明治大学講師などに勤める。
    昭和18年、千葉県市川市に転居。
    昭和23年、短編『灯』を『フーダニット』に、懸賞に一等入選した短編『雪』を
    『探偵新聞』に発表。本格的な執筆活動に入る。
    同年、「探偵小説新人会」を高木彬光、香山滋、山田風太郎らと結成。
    昭和24年、司法保護委員(のちの保護司)に就任。
    昭和41年9月23日、交通事故により63歳で死去。

    著書
    『模型人形殺人事件』、『脱獄囚』、『いつ殺される』、『密室殺人』等